アパート、マンション、その違いは?

そもそも「アパート」ってなんだろう?

物件を探そうと、賃貸サイトを眺めていると、「マンション」「アパート」の文字が目に飛び込んできて、「このマンションとさっきのアパート、家賃も間取りも立地もだいたい同じだけど、マンションとアパートの違いってなんだろう?」と気になった経験はございませんか?
道を歩いてもアチラコチラに「XXハイツ」「コーポXX」と言うような、マンションなのかアパートなのかひと目では判断付けられない名前の賃貸物件もよく見ますね。

果たして「アパート」と「マンション」、このよく似た言葉の意味の違いは一体何でしょうか?

実は、法律上では「アパート」と「マンション」には明確に線引きされている違いはありません!

とは言え、法律上には違いが無いのに、賃貸サイトでは「マンション」「アパート」と物件ごとに区別されている事が多いですよね。

不動産業界では、(鉄骨)鉄筋コンクリート作りや鉄骨で作られた物件を「マンション」、木造や軽量鉄骨で造られている賃貸物件を「アパート」と切り分ける事が多いようです。
また、2階までの低層賃貸物件を「アパート」、2階以上でエレベーターの付いている物件を「マンション」という切り分け方もあるようです。

ただ、先に述べたように、法律上では「アパート」「マンション」の違いは無いので、不動産業者によっては木造の賃貸物件に「XXマンション」と名付けるというような、「マンション」としてPRしているケースもあるのです。
そのため、「マンション」「アパート」の文言だけで判断することは、避けたほうが良いでしょう。