アパート、マンション、その違いは?

>

「マンション」ってつまりこういうこと。

「マンション」の意味

「マンション」という言葉の語源は、もちろん英語の「mansion」から来ている和製英語です(ちなみに、英語の「mansion」の語源を遡るとラテン語にたどり着くようです)。
しかし英語の「マンション」は、「巨大な大豪邸」という意味になり、日本でイメージされる「集合住宅」的な意味合いは無いため、外国の方との会話で「マンション」が出てくると話が噛み合わなくなる恐れがあります。

日本での「マンション」の始まりは、1960年代に高価な集合住宅を不動産業者が売り出す際、戦前より存在していた賃貸としての「集合住宅」の意味の「アパート」と言う単語よりも高級感のある「マンション」として販売したことが始まりといわれています。
それを機に、「マンション」という言葉は現代までつながる高級感のイメージとともに一気に広まったのです。

「マンション」で注意すること

「マンション」と銘打たれる物件は、だいたいにおいて鉄筋コンクリートや鉄骨鉄筋コンクリート、鉄骨で建築された集合住宅を指します。
そのため、耐火性や耐震性に優れ、遮音性もあるため上下両隣の生活音が漏れにくいと言ったメリットがあります。

また高級感が売りという事もあるためか、特に女性専用マンションでは、オートロックや防犯カメラなど、セキュリティをアピールしている物件も多いようです。
一方、建築コストが「アパート」よりも掛かるためか、家賃がより高い物件が多く、防犯システムやエレベーター保守のためなどの管理費も更に支払う必要のある物件も多いようです。

また、法律上は「アパート」と「マンション」の明確な規定は無いため、不動産業者によっては「マンション」と銘打たれた物件なのに木造の建物だった、という事もありえますので注意が必要です。


この記事をシェアする